ニキビ肌と顔のうぶ毛処理

顔のトラブルににきび肌がありますよね。
ニキビがひどいと顔のうぶ毛の処理ができなくて困っている人も多いのではないでしょうか。

顔のうぶ毛処理で多いのはカミソリを使って剃る方法ですが、ニキビがあると難しいものです。
そしてうぶ毛処理をやりすぎは大人にきびといった肌トラブルの原因となりますので、注意したいですね。

にきびとうぶ毛の関係ですが、うぶ毛を処理した後の毛穴に雑菌が入り込んで炎症を起こした状態になりやすく、そうしてニキビができたり肌あれの原因となったりするのです。
そしてニキビがある状態ですと肌も敏感になっていて、あまりうぶ毛を処理するのに顔そりはオススメできません。

もしニキビのある状態で顔のうぶ毛がどうしても気になるというのであれば、シェービングフォームや洗顔用石鹸をきめ細かく泡を当てて優しく剃り、うぶ毛の処理をした後は刺激がすくない化粧水などを使って保湿しましょう。
ですがニキビの周りはこれ以上ひどくしないためにも、その部分は避けておきましょう。

人の肌というのは角質が約10層から14層に重なり合っていて、この層を気づつけてしまうと肌の正常な機能が低下してしまうことになります。こうして肌を傷つけないように顔のうぶ毛処理は気をつけて行うようにしましょう。

男性の場合肌が荒れていたりニキビが出来ていたりして、あまり処理をしたくなくてもヒゲの処理をしなければならないということもあると思います。そうしたときはあまり強くカミソリを当てないようにしましょう。

糸脱毛


あなたは、糸脱毛を御存じですか?
テレビや雑誌などで糸を使った脱毛(糸脱毛)を知ったという方も多いでしょう。
この糸脱毛とはどんなものなのか?ご紹介します。

糸脱毛とは、その名前の通り糸を使って脱毛を行います。
糸脱毛は、中国や韓国、そしてインドのアジアで古くから行われている脱毛方法です。

糸脱毛の方法というのが、太さの違う糸を使って産毛を糸に絡めて抜くという方法です。
この糸脱毛を繰り返して行う事で、だんだんと無駄毛が細くなりそして薄くなります。
糸で無駄毛の根元から抜くので、お肌はツルツルになるという脱毛方法です。

この糸脱毛は、古い角質を取る事が出来るのでだんだんとくすみがなくなっていく事でしょう。
また、免疫機能が高まる事でニキビも出来にくくなると言われています。

昔から、美容に詳しい友人もこの糸脱毛を行っているようです。
メイクののりが良くなり、顔のうぶ毛もだんだんと薄くなってきたと話していましたよ。
またこの友人は、髪もキレイな方なのです。
自宅ではノンシリコンシャンプーを使って、髪もケアしているそうですよ。
美しい女性は、同性からみても魅力的ですよね。