銀行系・信販系低金利カードローンについて

カードローン系列では、銀行系カードローンが最も金利が低いのが一般的です。
融資額によって金利幅は異なり限度額は800万円までで、100万円以下は12から14.
5パーセント、200万円以下は10から12パーセント、300万円以下は8から10パーセント、400万円以下は7から8パーセント、500万円以下は6から7パーセント、600万円以下は5から6パーセント、そして700万円以下は4.
5から5パーセント、800万円以下は4から4.
5パーセントとなっています。
更に、年利4.
6パーセントから14.
6パーセントと、三菱東京UFJ銀行も低金利ということで人気があります。
融資額ごとに借入利率は、10万円以上50万円以下が14.
6パーセント、100万円以下は12.
6パーセント、150万円以下は11.
6パーセント、200万円以下は9.
6パーセント、250万円以下は8.
1パーセント、300万円以下は7.
1パーセント、400万円以下は6.
1パーセント、500万円未満で5.
6パーセント、利用限度額最高500万円では4.
6パーセントとなっています。
こちらも金利相場の変動があれば、金利も変わってきます。
じぶん銀行カードローン派遣社員も借りれる?【審査落ちない?】