避難所にはどのくらい非常食があるの?

みなさんは、避難所の情報を小まめにみていましたか? 地方自治体の災害マップには、危険な個所の指定と避難所が記されているのです。
災害の規模に応じ、避難所の規模も、かなり変わってきます。
家を失った人にとって、避難所が当面の生活の場になるのです。
大規模災害では、ほとんどの人が逃げてくるので、家族がバラバラになることも、とても少なくないのです。
家族の安否を確認するためには、避難所を回ってみるしかない状況が続くのです。
避難所の情報が安定して得られるようになるまでには、とても時間がかかります。
食事や寝泊りが必要な状況から、少し落ち着くことさえできれば、避難所の情報は集まりやすくなるのです。
避難所にいる人たちの名簿も、作られるようになったのです。
災害が起きる度に、いかに日常生活が脆いものかを知らされるのです。
残った人たちが、復興のために動き出さなければいけないのです。
インターネットの普及で、避難所の情報の伝達が速くなったのです。
もちろん、その他の情報についても、同様です。
ボランティアとして何らかの支援をしたいと考える人にとっては、貴重な情報になります。
情報もないまま現地に行っても、逆に迷惑になってしまうことも少なくないでしょう。
非常食おすすめ通販!レトルト缶詰比較!【セットで人気は?】